2008年09月26日

国会議員失格では?

前評判どおり麻生太郎が自民党総裁・総理大臣に就任し、新しい内閣が発足した。 そして、いきなり国土交通大臣の大失言(苦笑)。 共同通信の記事、『中山国交相「ごね得」発言を謝罪』によると、「日本は非常に内向きな単一民族」、「成田空港反対闘争を「ごね得」」、そして、日教組批判発言を撤回し謝罪したそうだ。 その上で、「私人、公人の発言は区別しないといけない」と述べたそうだ。 別の報道では、「国交省の中で仕事をするのが初めてだったのでよくわからない点があった」とも言ったらしい。

だいたい大臣となる以前に衆議院議員なのだから、その発言は常に「公人」として注意して然るべきだ。 大臣としての素質以前に国会議員である資格が無いのではないか。

「アイヌ民族の方々を『先住民族として認めるよう政府に促す』国会決議」はつい3ヶ月前に決議されたばかりで、日本は単一民族国家ではないことは国会議員として理解していて当然だ。

成田の件では「戦後教育が悪かったと思うが、公のためにはある程度自分を犠牲にしてでもというのがなくて、自分さえよければという風潮の中・・・」云々と言ったらしいが、そもそも「公のため自分を犠牲にする」という発想そのものが憲法を遵守すべき国会議員にあるまじき思想ではないか。 「公のために自己を譲る」気構えは国民として必要だとは思うが、国民に「自己の犠牲」を強要するが如くの発言は国民の代表たる国会議員にあるまじき行為だ。 だいたい、中山成彬氏自身、「お金儲けは悪いことですか?」発言で有名な、「自分さえよければ」の代表格である村上世彰被告(元村上ファンド代表)から150万もの献金を貰ってるとのこと。 国会議員として、この「自分を犠牲に」発言は、言う相手が違うんじゃないの?

そして、日教組と大分の教員不正採用を引き合いに出して、今の子供達の学力低下にまで言及していたが、中山成彬氏自身が文部科学大臣を歴任しており、学力低下の責任の一端は自分にもあるはずだ。 文科大臣であった1年強の間、何をしてたのか? その翌年には教育基本法が改正されたのだが、「愛国心」だの「日の丸の掲揚」だの「国歌(君が代)斉唱」だの・・・そんなものを法案に盛り込むためだけに一所懸命だったのか? 子供の学力向上に向けてどんな施策を撃ったのだ?


「国交省の中で仕事をするのが初めて」だったからという問題ではない。 これらの発言は、そもそも国会議員としての資質を問われる発言なのである。 その上、中山成彬氏は自民党の道路調査会の副会長だったこともあり、当時の福田首相に対し道路特定財源の一般財源化を撤回するよう求めてもいる。 国交省の道路特定財源の使い道のデタラメさに国民が呆れている最中、このような人物が国会議員であり国交省大臣であることは、国民にとっては不幸な事態と言えまいか・・・。
posted by 少彦梛 at 22:38| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。