2009年03月30日

千葉での2つの投票

昨日、29日、千葉県知事選挙と銚子市市長のリコール(解職請求)の住民投票と、千葉県内で2つの投票があった。 知事選の投票率は45.56%、銚子の住民投票は56.32%と、田舎暮らしの私としてはあまり高い投票率とは思えないが、首都圏では高い方なのだろう。 しかも、高速道路のETC割引の拡大(休日の地方圏の高速道路料金の上限1000円など)の開始と重なったことを考慮すれば、まずまずなのかもしれない。

まず、知事選は森田氏が100万票を超える得票で当選したが、「大丈夫か千葉県民?」と少し心配になる・・・。 確かに森田氏の知名度は高いし、ましてや民主党の小沢代表の秘書が政治資金規正法違反で逮捕・起訴されたことで民主党推薦候補に強烈な逆風が吹いていたのは確かだろう。 しかし、森田氏に政治家としての力量があるか、また、本当に千葉県民のためになるかは甚だ疑問だ。 第一、森田氏は2000年の総選挙で、公設秘書が選挙違反で逮捕されて「連座制」適用あわやで失職しそうになった人物である。

しかも、読売新聞の電子版『「完全無所属」実は「自民支部長」』によると、森田氏(59)は現在も東京都の自民党支部長を務めているという。 ということは、「無所属」というのは嘘だろう。 しかも、04〜07年の4年間で1億6千万円を超える企業・団体献金を受け、同時期に計1億5千万円以上を森田氏が代表を務める資金管理団体「森田健作政経懇話会」に寄付していたという。 この資金については、「知事選に無所属での出馬を決意する前に自民党候補の応援などのために使った」と釈明しているというが、前回05年の千葉県知事選にも出馬しているのだから言い逃れにしか聞こえない。 なんだか胡散臭い話である。

そして、今回の知事選で「無所属」であること公表していたとすれば、公職選挙法の定める虚偽事項にあたるのではないか? もっとも、私は千葉県に住んでるわけではないので、選挙公報にはどのように記載したのか知る良しもないからなんとも言えないが、次点の吉田氏か他の誰かが森田氏を公職選挙法で告発したらどうなるのだろうか(笑)。

それはともかく、「宮崎のセールスマン」を自称し実行してる東国原氏や、「大阪府の財政再建」を旗印に行動している橋下氏といったタレント出身知事と比べると、「言語明瞭意味不明」発言を繰り返すだけで、何を軸足において県政を運営していくのかに明確さの欠けるとも思える森田氏に知事職を任せて本当に良かったのでしょうか・・・千葉県民の皆様。



ところでもう一つ、銚子市市長のリコールの住民投票については、時事通信社の電子版「銚子市長が失職」によると、銚子市立総合病院の存続を掲げて当選したものの公約を破り、市立病院の休止を決めた岡野市長解職に賛成する投票が有効投票の過半数に達してリコールが成立したという。 しかし、市民グループが市長解職を請求のために有権者の3分の1を超える約2万3000人分の署名を集めたにも係わらず、解職賛成票が2万1千票に届かない結果に終わったというのは、銚子市民の「市立病院存続」に対する本気度が疑われよう。

岡野市長は、市立病院の経営支援に40億円も投じたが、医師不足もあって経営改善の見通しが立たず、市財政逼迫を理由に、昨年9月末病院運営を休止した。 市民が、地域医療を支える公立病院が無くなることに反対する気持ちは分かるが、現在の医療崩壊の実情を考えれば、公設病院の維持存続は容易ではない。 実際、全国の公設病院の85%は赤字経営だとも聞く。

しかも、入院施設を持つ多くの病院では、本来時間外勤務や夜勤としなければならない医師の勤務を充分仮眠のとれる「宿直」扱いとし、労働基準法に違反してまで働かせている。 診療科によっては、48時間連続勤務という実態も報告されている。 当ブログの過去記事でも、勤務医、看護師の過酷な労働条件を紹介したこともある。

かなりの好条件(例えば相当な高給)でなければ医師が集まらないのが現状だろう。 ましてや、「市立病院なのだから市民に尽くすのが当然だ」などと暴言ともいえる発言があったり、また、そのような横柄な態度をとる患者が比較的多いとも言われる公立病院にはなかなか医師の来ては無いと聞く。 医師である前に彼らも「人」である。


銚子市民が、病院の存続のために、例えば市民税などの「増税も止む無し」と受け入れることが出来るなら市立病院再開も可能だろう。 特に、一旦病院を廃止し医師や看護師を解任した現在の状況では、一から病院を開設するのと同じくらいのお金と時間と労力が必要と思われる。 出直し市長選挙では、銚子市民がそこまでの覚悟ができるのかが問われるべきだ。

公立病院の再建は掛け声だけでは実現でない。 仮に次の市長が市立病院再開を公約するとしても、しっかりとした再建の構想と再建計画とがなければ岡野市長と同じ道を辿ることになるだろう。

しかも、市の連結決算の対象となる赤字公立病院を抱えた市は、最悪「財政再建団体」に陥りかねない。 その場合、医療以外の全ての市民サービスは制限されることになる。 夕張市と同じ状況になりかねないのだ。 行政まかせでは解決は困難だ。

住民の意思で公約違反の市長をリコールしたことは賞賛すべきことだが、まだ始まりに過ぎない。 繰り返しになるが、病院が再開できるかどうかは、結局は銚子市民自身の努力と協力と覚悟にかかっているのだと思う。



いずれにしても、森田氏を県知事にした県民も、岡野氏を市長解任した銚子市民も、真剣に考え抜いて投票したのではなく、その場のその時の雰囲気や流れで投票したのだとすると昨日の選択が将来の後悔を招くことだろう。

責任は、最終的には県民、市民自身が負うことになるのだから・・・。

posted by 少彦梛 at 21:24| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

無茶させよるなぁ〜

いやー、WBC、私の予想がハズレて日本が米国に勝ちましたねえ。 実を言うと、先月下旬、日経平均株価は3月末には6500円くらいまで下がるのではないかと予想して、友人にもそう言いましたが、一時7000円を切りましたが今日8000円を超え、約2カ月ぶりに8200円台になった。 ここのところ、私の予想はハズレっぱなしだが、まぁ、悪い予想はハズレた方がいい(苦笑)。

しかし、夜のTVニュースを観ると、イチロー選手が8回に打った球は大きく曲がるカーブとかいうレベルではなく、渦を巻くように曲がりながら内角低めの足元に落ちるような球筋に見えたが、あんなのよく打てるよなあと関心しましたよ。 でも、素人目には普通の変化球に見えるボールはなかなか打てないんだね。 もちろん、私なぞはまぐれでも直球すら打てないだろうけど(笑)。


ところで、毎日新聞の電子版「松村邦洋さん倒れ一時意識不明」によると、身長164センチ、体重128キロの松村氏が、昨日の東京マラソンでスタートから約15キロ地点で倒れ一時意識不明になったという。 続報によれば、原因は急性心筋梗塞という。

松村氏は、TV番組の企画で参加したということだが、「TV局も無茶させよるなぁ〜」というのが最初の感想だ。 元相撲取りの「曙」に今回の東京マラソンに走らせる企画を立てたところもあったとも聞く。 曙の場合は直前に取りやめたそうだが、当然だろう。 失礼ながら、あの体型では・・・。


個人が「ファン・ラン」として東京マラソンに参加するならまだしも、TV局やタレントの所属事務所が企画を立ててフルマラソンに参加させるのなら、きちんとタレントの体調を管理し、また、練習をさせるべきだ。 そして、「体調の管理が出来てなければ参加させない」責任がTV局や事務所にはあるはずだろう。

他にも、タレントやアナウンサーなどを参加させ、「根性で走った」とか「意地で完走した」などと持ち上げる新聞なども無責任だ。 取り上げるなら、きちんと、日々の練習の様子や努力を取材して取り上げることが報道としてのあるべき姿だろうに・・・。


そもそも、出演者イジメだったり嘲笑うようなバラエティ系番組はあまりにもクダラナイと思うから観ないのだが、今のTV番組はツマラナイし、クダラナイ放送があまりにも多すぎやしないか? お笑い番組などを全て無くせとまでは言わないが、特に各TVキー局は、国民の公共の財産でもある「電波」の無駄遣いをいつまで続けるつもりなんだろうか?

ほとんどの在京キー局が、本業の放送よりも「副業」の通販や土地取引の方が稼ぎが多いと聞くが、真っ当な番組作りができないならさっさと放送免許を返上するのが国民のためのだろうに・・・。 返上した電波帯を防災無線などに割り当てれば、デジタル利権を生み出すだけのような「地デジ」に高い金を出さずに済むのだが。 
続きを読む
posted by 少彦梛 at 22:41| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

WBC

ワールド・ベースボール・クラシック・・・。
日本は何とか準決勝ラウンドに進みましたねえ。 明日はUSAとの対戦。 韓国はベネズエラに圧勝しましたが・・・、明日の日本はどうでしょう?

ところで、米国の有名なスポーツ誌、「スポルティング・ニュース」がアメリカ人に優勝国予想アンケートをおこなったところ、アメリカという予想は32%だったが、それを上回る33%が「知ったことではない」と答えたと聞く。 今年1月の新聞記事に報じられているという。


米国内では、WBCそのものにあまり興味が無いようだ。 米国内の野球ファンの間では、WBCそのものを「世界一決定戦」とは見ていないのだろう。 あくまで「エキシビション」ということか。 実際、メジャーリーグや各メジャー球団もこの大会に協力的とも思えないし、USAチームのメジャー選手も全力を出してるようには見えない。 連携プレーもお粗末だ。 予選では、コールドで負けたことすらある。

さて、明日はそのUSAと日本の準決勝なのだが・・・。 そんな、決して最強チームではないUSAチームでも、日本が負けそうな気がするのは私だけだろうか。 特に根拠があるわけではないが、得点チャンスにイチローがブレーキになって、僅差で・・・。 少なくとも、先発予定のオズワルトを打ち崩すのは厄介だろう。

準決勝は「敗者復活戦」がないので、この予想が外れる方がいいのだが・・・(苦笑)。
posted by 少彦梛 at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

2つの裁判

西日本新聞の電子版「取り押さえ死 警官1人の審判決定」によると、佐賀市において2007年9月に知的障害者の男性が自転車で帰宅中、道路を蛇行運転したとして警官が彼を呼び止め保護した後この男性が亡くなるという事件について、遺族である父親が佐賀地方裁判所に求めていた「付審判請求」について、警察官5人のうち1人を『特別公務員暴行陵虐罪』で審判に付す決定をしたという。

この事件は、警察側は通常の保護で適正に行われたとし、保護と男性の死亡にも因果関係は無いとしてる。 ところが、警察官が何度も殴っていたという目撃者もいて、遺族が昨年1月に警察官を特別公務員暴行陵虐致死容疑で佐賀地検(検察)に告訴したが、地検は同3月に「適正な保護行為だった」とし警察官5人を不起訴処分とした。 また、警察側も暴行については否定している。

この事件については、警官側の言い分が事実と異なるのではないかと、幾度か報道されていたと記憶している。

他にも、高知県で2006年にスクールバスと県警の白バイが衝突し警察官が死亡した事故で、運転手は業務上過失致死罪に問われ禁固1年4月となったが、バスのスリップ痕が警察側に捏造されたものではないかとの検証報道もあった。 バスに乗っていた生徒の証言や警察側の発表を元に行った再現実験とタイヤのスリップ痕があきらかに異なるという。 しかし、この告訴は、高知地検は不起訴としたものの高知検察審査会が不起訴不当を議決した。 ところが、高知地検は「再捜査したが、偽造されたと認められる証拠はない」とし再び不起訴としている。 どういった「捜査」をしたのか不明だけれど・・・。


私は、この「付審判請求」という制度があることを初めて知ったのだが、「起訴権を独占する検察の裁定をチェックする目的で制度化されている」という。 今回は、審判される警察官が被告となり、検察の代わりに裁判所が指定した弁護士が原告となるのだが、恐らく弁護士に捜査権はないのだろうから「真実」を明らかにするのは通常の刑事訴訟より難しいと思われる。

公務員の職権濫用など、権力を行使する側の行きすぎをチェックする審判であるから、事件を目撃した方は進んで証言台に立ち、観たままを証言して欲しいと思う。



ところで、今日はもう一つ、裁判について・・・。

時事通信社の電子版「マンナンライフを提訴」によると、昨年、兵庫県で1歳児がマンナンライフ社の「蒟蒻(こんにゃく)畑」という『味付き こんにゃく』を咽喉に詰まらせ死亡した事故で、同社に損害賠償を求める訴訟を起こしたという。 同社の「蒟蒻畑」は大きさがのどをふさぐ程度で、硬さや弾力性がのみ込みにくいものとなっており、容器の形状を考えると設計上の欠陥があると主張しているらしい。

お亡くなりになったお子さんには、ご冥福をお祈り致します。

しかし、そもそも「こんにゃく」を1歳児に食べさせること自体が間違いなのではないだろうか? しかも冷凍していたものを半解凍した状態だったらしい。 お子さんを亡くしたご両親には同情はするが、製品そのものに問題があるのではなく、食べさせた人物に責任があるのだと思うのだが・・・。

「蒟蒻畑」などのようなポーションタイプの味つき蒟蒻は「こんにゃくゼリー」等と呼ぶ報道が多いが、ゼラチンで作った「ゼリー」ではない。 あくまで「蒟蒻」であることを消費者は知っておかなければならない。 逆に「こんにゃくゼリー」等と呼ぶ報道が『ミスリード』なのである。

また、一部団体などでは、韓国やオーストラリア(だったかな?)など諸外国は「蒟蒻畑」のような食品を販売禁止していることを引き合いに出して、販売中止を求める動きもみられる。 しかし、それはあくまで食文化の違いである。 そもそも、蒟蒻を食べるという食文化を持つのは日本くらいのものだ。 日本の食文化を、咽喉に詰まる恐れがあるといって全て禁止するなら、餅なども全て禁止しろということだ。 野田消費者行政担当大臣などはマンナンライフ社に製品の販売を中止するよう求めた時の記者会見で、「餅は咽喉に詰まるものだという常識を多くの人が共有している」(要旨)と発言していたと記憶している。 

しかし、国民生活センターの「こんにゃく入りゼリーによる死亡事故一覧」によると、1995年以降22件の死亡事故が発生しているとしているが、餅やを咽喉に詰まらせ亡くなった人は年間100人単位だ。 厚労省によると、平成18年中に食品を原因とする窒息で救命救急センターなどに搬送された事例は、把握できた計803例の内、餅は168例という。 咽喉に詰まることはあまり知られていない「ご飯(米)」で亡くなる人も多いとも聞く。 昨年は小学生が給食のパンを咽喉に詰まらせ亡くなったケースも報道された。 つまり、食品はどんなものでも「咽喉に詰まる可能性があるということなのだ。

「蒟蒻畑」に罪はないだろう。

逆にいうと、野田大臣の、改善要請に名を借りたマンナンライフ社への製品の販売中止を求めた行為などは、明らかに行政の行き過ぎた権力行使ではないだろうか? 要請対象は同社のみだったとも聞く。
posted by 少彦梛 at 23:54| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

東京に原発を・・・

ずっと、いつかは観ようと思っていたDVD「東京原発(映画)」をようやくレンタルで観ました。 上映公開されたのはもう5年近く前なので、今頃かい(^_^;) の感もあるのですが・・・(汗)。 ウィキペディアでは「ブラックユーモアたっぷりに描いたサスペンス映画」と紹介されてますが、サスペンス性はともかく、扱う政治的テーマ性とブラックユーモア度はヒネクレモノの私好みです(爆)。 映画中の都の幹部の能天気さも・・・(笑)。 もっとも、実際の都の局長級幹部も、ある意味この映画の登場人物くらい「純粋」ならいいんだけどねぇ(苦笑)。


昔から東京(首都圏)にこそ原発を置くべきだ・・・と思っていた私には、この映画の存在を知ってから、というかこの映画を知った時は既に上映は終了していたのですが、是非とも観てみたいと思ってました。 個人的には期待以上の映画でした。 サスペンス性を除けば(笑)。  しかし・・・東京に原発を誘致するなんて斬新な発想は、歳で頭のボケた現都知事にはできない発想でしょうけど(爆)。 映画で役所広司さん演じる「天馬都知事」が力説するように、相当の経済効果があると思うけどねぇ。 オリンピックなんか誘致するより・・・。

この映画では、天馬都知事が政府の補助金漬けの原発事業に目を付け、都の財政建て直し(都も3セクなどを含めると5兆円前後の借金漬けなのだから)として「原発誘致」を言い出した。 大阪の橋下知事も、府の財政再建のために関空の空きスペースに原発を誘致してみては?(笑) あ、関空は大阪府の所有地じゃないんだっけ。

この映画が放映された2004年、ロシアが京都議定書を批准し、翌05年2月、京都議定書が発効したのは何かの縁なのかもしれない・・・。 違うか(笑)。

もし、暇で、何かDVDでも借りようと思っていてもこれぞと観たいと思うソフトがない方は、レンタル候補に入れてください。 特に、2月20日の記事に書いたタレントの松居某さんや、「エコ、エコ」と常に心がけていらっしゃる方にはお勧めです。(^_^)



このDVDで「感銘」した場面→続きを読む
posted by 少彦梛 at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。