2009年05月28日

この先、日本国民はイキダオレ?

大阪名物「くいだおれ」は昨年7月に59年の歴史を閉じ店をたたんだが、店の看板である「くいだおれ太郎」は飲食業の廃業後もマスコットキャラクターとして活躍しているらしい・・・。 そもそも、この「くいだおれ」の屋号は、『京の着倒れ、大阪の食い倒れ、江戸の飲み倒れ』という江戸時代からの慣用句によるものからとったらしい。

ところで、「江戸の飲み倒れ”太郎”」こと麻生総理大臣は、総理大臣就任以降に世間様の非難を浴びて自粛していた「バー通い」をとっくの昔に再開していると聞く。 まあ「幸いお金がありますから・・・」と発言した麻生氏のことだから「酒を飲み過ぎて財産を失う(飲み倒れ)」ことはないのだろうけど。 あ、麻生氏のお友達に「酒を飲み過ぎて」地位を失った人がいたなぁ(笑)。
 

閑話休題

共同通信社の電子版、「補正予算29日に成立」によると、明日の参議院本会議での否決を受け、両院協議会を経た上で今年度の補正予算が成立するという。 11兆円を国債などによる新たな借金で調達し、約15兆円もの大規模な補正予算となるらしい。

何故「らしい」と言うのかというと、中身がさっぱり判らないからだ。  

衆議院に補正予算が提出されたのが4月27日で、5月13日には衆議院で可決し、参議院へ送られた。 その間、マスコミは狂ったように「H1N1新型インフルエンザ」を報道し、補正予算関連は意味がわからぬ「エコポイント」や「エコカーの助成金」を喧伝するだけで、補正予算の1/3弱を占める「基金」などの予算の詳細はほとんどのマスメディアが伝えなかったからだ。 国民からの受信料で経営される某公共放送ですら、19時のニュースの放映時間30分のうち15分ちかくをインフルエンザ騒動に割いた日が続き、国民にとって重要な国家の予算についてはろくに報道していない。 「ミナサマの」を標榜するなら『受信料返せ!』と言いたいくらいだ・・・。


そもそも、3月に可決した今年度の本予算審議中、マスコミは「西松と小沢一郎」問題で騒ぎ立て、新年度は「北朝鮮の自称人工衛星打ち上げ」で大騒ぎし、4月下旬からは前記のインフルで馬鹿げたマスコミ騒動が始まり与党の思惑とおり予算の「よ」の字はまったくといっていいほど報道せず、ドサクサに紛れて与党の強行採決ですんなり衆議院を通過。 国家、国民として一番重要な「予算」の内容について多くの国民が知らぬままだろう。 しかも、明日成立するだろうというのに、前述の某公共放送の21時台のニュースは33分頃から少し触れただけで、5分程の報道のうち殆どは「国会の会期延長」についての報道だ。


また、その補正予算も、およそ1/3あたる約4兆4千億円は使い道がはっきりしない「基金」というものに充てられる。 言い換えれば、新たな国の借金の40%ほどが詳細な使い道が決まっていない上に、今後3年ほどかけて役人や各知事が自由に使い道を決めることができることになった。 来年度、再来年度使うかもしれないお金を今年度中に借りてしまうということだ。 利子が膨らむ分だけまるっきり無駄だ。

反面、中長期的に対策が必要なはずの「少子化対策」については、今年度の3〜5歳の子供の育児に対して、一人あたり3万6千円を今年度に限って支給するという・・・。

今回の馬鹿げた補正予算の内容については論じる気にもならないのですが、少しでも大まかな概要をお知りになりたい方は、ダイアモンド・オンラインで山崎元(経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員)氏が『「お金持ちの気持ちが分かる総理大臣」が考えた追加経済対策』という記事をお読みください。 掲載時期が衆議院通過案より前なので多少予算案額との違いがあると思いますが、大きな違いはないと思います。


今のアホウ政権(麻生政権)のアホさ加減と、迎合する大手マスコミのバカさ加減にはもうウンザリです。


「江戸の飲み倒れ”太郎”」の巻き添えになって、多くの国民が、近い将来、行倒れならぬ「生き倒れ」となるのではないかと思えてなりません。


続きを読む
posted by 少彦梛 at 21:50| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。