2009年09月21日

ショーガイシャっていう人種があるわけじゃない

朝日新聞の電子版によると、長妻昭厚生労働大臣が障害者自立支援法について「廃止をしていく」と述べ、同法の廃止を明言した。 しかしながら、「どういう制度にするのかということも今後、詰めていく」と述べ、まずは廃止後の仕組みづくりが整った段階で廃止に踏み切る方針だという。

新たな制度は、現在の連立政権の3党合意では「利用者の支払い能力に応じた『応能負担』を基本」とするということだ。 まあ、現在の自立支援法のように、介助など受けるサービス利用量に応じて原則1割の『応益負担』よりなんぼかマシだ。 そもそも一般生活において自立そのものが困難な障害を持つ方にまで一律に負担を求めるのは、「生存権」つまり生きる権利を剥奪しようというものだろう。 しかも、今の障害者自立支援法は、本人が自立できるようにするための法律ではなく、障害を持つ方の親兄弟といった家族や親族、はてはその保護施設にまで負担だけを押し付ける制度だ。

’08年5月10日の毎日新聞の東京版の夕刊には、『千葉の施設長「お金か子供か、究極の選択」』といった記事もあった。 現在、介護の現場の悲惨さなどは割りと大きく報道などでも取り上げられているが、重度の障害を持つ方とそのご家族の惨状は現在はほとんど報じられていないのではないか?

逆に、現在の障害者自立支援法は、就職してそれなりに収入がある、つまり既にある程度自立して生活ができている障害者にとっては、本法施行前と比較すれば恐らく大きな負担減となってるのだろう。 実際、個人的に知っている両足に障害を持つある方は、これまで自力で通勤していたが、本法施行以降、介護タクシーで通勤している。 相当な負担軽減である。 もちろん、この法によって障害のある方にかかる体の負担が軽減されることは良いことだと思う。 しかし、現在の自立支援法では、一方では生死に関わるほど困窮している反面、もう一方ではそれなりに自立できている方にはかなり大きな恩恵があるという事実は不公正というものだろう。(公平を問うているのではない) もちろん、この不公正感は恩恵を受ける当人が悪いのでは無く、法そのものに問題があるからだが・・・。


読売新聞の電子版によると、「後期高齢者医療制度は廃止」については長妻厚労大臣が就任直後に言明した。 しかし、個人的には、今の障害者自立支援法の改正こそまずすべきではないか。 しかも、民主党はかつて「障害者福祉利用1割負担廃止」の障害者自立支援法改正法案を国会に提出している。 衆議院のホームページによると、168回臨時国会で何故かこの改正案が「撤回」されているのだが・・・。


敬老の日にこのような主張をするのは気が引ける(汗)のだけど、大きな制度改正やシステムの変更を伴う後期高齢者医療制度の廃止の前に、まずは次期国会で「障害者福祉利用1割負担廃止」の法改正をしていただきたいと願うものである。


<余談>
ところで、今回のタイトルは、泉 流星 氏の著書「僕の妻はエイリアン」の文中の言葉だ。 著者には無断であるが(大汗)その一節を転載する。

「あのね、世の中にはいろんな障害を持った人がいるけど、ショーガイシャっていう人種があるわけじゃないの! わかるでしょ?」

障害のある人、障害者。僕にとってはどっちでも大差ないように思えるんだけど。

「障害者っていうのは、重い障害を持っている人を区別して呼ぶために法律や行政なんかが使う言葉だけど、実際にはそういう人種なんていないんだよ! 障害のある人とない人の間に、何かはっきりした境界線があるわけでもない。(以下略)」 

詳細は、本を購入して読んでくださいね(笑)。 本書の論評はいたしませんので・・・。


’08年5月10日の毎日新聞の東京版の夕刊
posted by 少彦梛 at 19:46| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

臨時国会召集

先月30日に総選挙を終え、2週間半も経って漸く臨時国会が開かれ首班指名が行われた。

衆議院議員の2/3近くを占めて第1党となった民主党の鳩山由紀夫氏が首班指名されることは既定路線だし、閣僚は誰がどのポストに就くかについては個人的には興味はない。 ただ、ポスト内定の連絡を貰った福島瑞穂社民党党首のハシャギぶりというか・・・浮かれまくりというか・・・、昨日の報道を観てても呆れるばかりだ。 消費者・少子化対策他の担当大臣に就くらしいが、今回の閣僚の中で、個人的には一番期待していない(苦笑)。


ところで、総選挙以降、主だった報道機関は「誰がどの大臣になるか」で散々騒ぎ、閣僚人事が発表された今日も鳩山由紀夫内閣の組閣人事一色。 ある意味、偏重報道といって良いかもしれぬ。 もしかしたら国の有り様が変わるかもしれないといったこの局面においても、旧泰然としたマスコミの報道の騒ぎ様にはウンザリだ。


確かに、どの大臣にどの人が就任するは国家運営においては大切なことだ。 しかし、本当に重要なのは、衆議院の予算委員会をはじめとする各委員会の委員長に民主党の誰が就くかということではないのか?

衆議院については、横路氏が議長に就任することと、民主党の国会対策委員長に山岡氏が引続き就任することは報道されたが、その他の各委員長人事については報道がないに等しい。


行政は内閣と国家公務員(官僚など)が運営することになるのだし、実際、国民の生活に直結することではあるが、その行動はあくまで「法律に則って」行われるのだ。 その法律は、実は不備だらけ、抜け穴だらけだ。 だから、我々が納めた税金や公的保険料が本当の意味で国民ひとり一人のために使われないのだ。


そのためにも、今年度の補正予算の組みなおしはもちろんなのだが、ガソリン税の廃止を含めた「特別会計」の使い道は基本的に全て法律に定められたものだ。 民主党は国家予算の見直しにあたっては「一般会計と特別会計を一体として見直す」と言っている。 そのためには、多くの法案を早急に改める必要があるはずだ。

仮に、今年度の予算組み替えは特措法(特別措置法)で一時的に凌げるかもしれないが、これまでのように省庁が国会の審議を経ずに勝手に補助金の額を割り振って「税金を無駄遣い」をしてきた事態を止めるには、目的税を既定してる多くの法律を直ぐにでも改正せねばならない。 そうでなければ、官僚は法律をタテにしてこれまでどおり「税金のバラマキ」を続けることになる。


内閣の人事を適材適所に配置することももちろん大切なのだが、国の最高機関である国会を運営するための民主党内人事の方が、本当はより大切なのだ。
 
posted by 少彦梛 at 20:14| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

お前が総理大臣になるのか?

今日の19時からの公共放送のニュースで、社民党の福島瑞穂委員長は「今度の内閣は(中略)『生活再建内閣』だ」と発言。

「おまえは総理か!?」
と、思わずTVに向かって「ツッコミ」を入れてしまった(苦笑)。

民主、国民新、社民の連立協議でも、社民党が最後までガタガタと「あれもこれも」と民主党に要求し、なかなか纏まらなかった・・・という印象が強い。 その上、労働行政をしたいけど担当大臣では官僚の部下がいないからイヤ、厚労相になれないないなら、環境大臣だ、副大臣ポストもよこせ・・・と主張しているのだとか・・・。 

社民党は、衆議院議員7名、参議院議員5名の計12名しかいなく、また、衆参両議院ともに保有議席が10議席未満であるため党首討論を行うこともできない党だ。 議員立法ですら、まともに提案できない政党である。 それなのに、今回、選挙前の約束を律儀に守ろうとしている民主党から閣内協力を求められると、まるで増長しているような振る舞い・・・。 多くの国民は、社民党の言動に呆れているのではないか?


以前、当ブログで、「自民党はダメ?民主党は危ない?」の記事にも書いたが、社民党はすでに「国民の信頼が消失した政党」だろう。 それでも僅かながらも社民党を支持している国民がいるとは思うが、今回の社民党の閣内協力でこの極僅かの方たちからも失望され、さらに社民党消滅の危機に瀕することになるだろう。


来年の7月には参議院議員の半数が改選になるが、福島党首も改選(04年・比例当選)組みだ。 福島氏としては、次の参議院選を見据えて今のうちに国民へアピールしたいのだろうが、今回のポスト要求の行為は逆効果だろう。

それに、来月の参議院の補欠選挙(神奈川、静岡)で民主党が議員を獲得し、次期民主党幹事長の小沢氏あたりも考えていると思うが、そこに参議院の無所属議員を2人民主党会派に引き込めば、民主党は参議院でも過半数を確保できる。 計算上は・・・。



民主党代表の鳩山由紀夫氏も、社民党、国民新党のあまりにも傍若無人(?)ぶりに堪忍袋の緒が切れた(?)のか、共同通信社の電子版、「国家戦略局は社国入れず」によると、『連立政権協議で与党の連絡調整の一環として国家戦略局への参加を強く要求していたが、鳩山氏は社民・国民新両党を参加させない方針を固めた』という。


先の公共放送のニュースで、福島氏は「閣内に、3党のトップどうしで話し合う『基本政策閣僚委員会』が設けられるので、さまざまな問題をここで議論していきたい。新しい政権できちんと政策が実現できるように全力を尽くしたい。」と発言したと報じられているが、社民党がまずやるべきことは、自らの主張と自らの政策の整合性をとることだ。

少なくとも、かつて自分の事務所の私設秘書2人に対して労働保険に加入させていなかったような党首が、自ら「労働行政をやりたい」などと要求すること自体がオカシイのだ。 しかも、福島氏は法律家(弁護士)なのだから、『雇用保険法』などの法律を知らなかったということはあるまい・・・。

posted by 少彦梛 at 23:01| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

スピーカーというものは・・・

最近では音楽などを聴くときはもっぱらステレオイヤホンで・・・、という人の方が多いと思いますが、やっぱりスピーカーで聴いた方が心地よく感じます。


ところで、今日、月曜日、21時からテレビ朝日系で放映されている某番組で、先日の総選挙で当選した議員達が出席して討論が繰広げられていましたが、比例復活で当選した自民党議員達が今までと異なりおとなしいことといったら・・・(笑)。

 ついこの前までは野党議員から突っ込まれたら、もう煩いほどギャァギャァ言い訳していたのに(苦笑)。 これまでは、まるで壊れたレコード(って若い人には分からないかもしれませんが・苦笑)みたいに、同じ言葉を繰り返していたっけ・・・。


やっぱり、彼ら自民党議員たちは官僚が書いたシナリオがないと、自らの言葉で反論も反駁もできないことが改めて良く分かった。

スピーカーというのは、「音源」がなければそのもの自体は『まったくの役立たず』であり、時には邪魔なだけの代物だ。 同様に、「官僚」という音源がなければ音を出せない「自民党議員」スピーカー。 彼らは今後TV出演を控えた方がいいだろう。 さらに自民党に対する失望が国民に広がるだけになってしまうだろう。

比較すること自体間違いなのかもしれないが、前の回の同番組に出演した、平沢勝栄氏や河野太郎氏などは、良くも悪くも、同じ自民党議員でも自分の言葉で自分の考えを語っていたということも改めて認識できた放映だった。


ちなみに今日のこの某番組に出席したのは、タカイチ某とオオムラ某。

・・・やっぱりなぁ(爆)。


posted by 少彦梛 at 22:05| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

そこまで言うなら・・・

先の総選挙でとうとう政権交代が実現しましたねぇ。

ところで、今日、某公共放送の21時台のニュースに社民党の党首・福島瑞穂氏が民主党との連立協議についてグチャグチャ言ってましたねぇ。 民主党のマニフェストの個々の公約との違いがあるのは理解できますが、そんなに異論があるなるなら政権に入らず「閣外協力」で是々非々でやったらどうですか? そんなに閣僚ポストが欲しいのだろうか? 

読売新聞の電子版、「社民も国家戦略局に」によると、鳩山代表は社民党に政府機関として発足させる『国家戦略局』に政府の一員として社民党議員の参加を求めたそうだが、社民党は連立政権の政策決定機関として「政府・与党連絡会議(仮称)」を設けるよう求めているそうだ。 民主党としては、社民党や国民新党とは行政府である閣内で一緒に政策決定をしていきたいようで、立法府にも「政策決定機関」を作ることによる政策協議機関の二重構造化を避けたいようだ。 55年体以降初めて自民党が下野してできた、細川連立が同じような政策決定機関の二重構造によって失敗した轍を踏みたくないというのが鳩山民主党の考えらしい。

私個人としても、鳩山民主党の基本的な考え方に賛成の思いだ。 社民党も国民新党も連立し閣内協力するなら、国会内での政策協議機関でなく内閣において議論すべきだろう。 もし、立法府である国会において政策協議機関を作るのなら閣外協力に留めるべきだ。

そもそも、今回の総選挙において前回の議席数から1議席も増やせなかった社民党が偉そうに連立を語ることすらおこがましく思うのは私だけだろうか?

ちなみに、私自身は先の総選挙の小選挙区では「社民党候補」に投票しました。 もっとも、小選挙区の立候補者が自民公認と社民公認、それから、党名を隠した(?)幸福実現党候補しかいなかったのだから、選びようがない!(苦笑)。 蛇足ながら、比例に投票した党は比例区から当選者は出ませんでしたし、最高裁の国民審査も不信任を投じた判事も誰一人罷免されませんでした。 全部死に票でした(爆)。


閑話休題

福島社民党党首がそこまで言うなら、さっさと閣外協力に留めることを決意したら良いだろう。 立法府の議員として、国会内で正々堂々自分達の主張を述べたら良い。


似たようなことは、自民党内にも言えると思う。

自民党の麻生総裁が今回の総選挙の大敗の責任をとるとして総裁を辞任したが、次の総裁選に向けてくだらない駆け引きが行われているようだ。 一例として、朝日新聞の電子版の「自民総裁選の不出馬表明」によると、昨年の総裁選に出馬した小池百合子氏は『比例区で復活当選した自身は立候補しない意向』を示したらしい。

選挙期間中は「風車のおユリ」などと称してクダラナイ選挙演説をした挙句、幸福実現党からの立候補を断念した人物からまで応援演説を受けた挙句小選挙区では落選。 その上、「派閥の時代でない」(時事通信社)と言い訳をして町村派を脱退。 「党再生に努力したい」と言いつつ、政界渡り鳥の異名を持つ氏は、すでに半分沈んだ船から逃げ出す機会を窺ってるのではないか、と思うのは私だけだろうか。

本気で党を再生したいのなら、前回の総裁選に立候補した初志を貫徹して今回も総裁選に立候補すればいいだろう。 比例復活者がその任に無いと思うなら、潔く比例区当選を辞退して後進に道をゆずった方がよほど良い。 もともと「クールビズ」という言葉を流行らせた以外、政治家としてさしたる功は無いのだから・・・。





posted by 少彦梛 at 23:05| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。