2010年08月15日

記念日?

 8月15日は、日本における「終戦記念日」

えっ? 「終戦」・・・ですか?
『敗戦』でしょ?

 敗戦から半世紀、今年、65年目を向かえて未だに「終戦」と言い張る政治家とマスメディア・・・。

「負けた」のではなく「終わった」といい続けている限り、日本はかの戦争を総括できないし、負けた本当の理由(原因)と歴史上の真実をはっきりさせることなくしては、本当の「今後の日本国家」について語ることも、また、「日本」を国際的に自立できる国になることは無理だろう。

 軍官僚の暴走、または、彼ら官僚達が自らの責任逃れのために国民を死地に送り、戦争を賛美し、反戦を唱える者を弾圧し、各戦地での負け「玉砕」の言葉で賛美する・・・。

 当時の大東亜戦争と太平洋戦争で負けた真の理由は、結局はs当時の官僚の自己栄達と自己保身を優先させたために国民に「堪えがたきを堪え、忍びがたきを忍び」を国民に強制させ続けさせた事実を無視し、負けるべきして負けた戦争には自ら誰も責任を負わず、責任追求に耐えられない自らの弱さを知られることを恐れて自刃した将校も多いだろう・・・。

 それでも、先の大戦の果たした意味と敗戦の理由を真剣に考えず、敗戦を「終戦」と言い換えて、国内では一億総国民が被害者であったように錯覚させ、某公共放送でさえ「可愛そうな当時の国民たち」の特番を垂れ流す・・・。 (もちろん、某公共放送は率先して「大本営発表」を嘘と知りながら垂れ流してきた。 もちろん、大手新聞社も・・・。)


 日本は、先の大戦で敗北した真の理由を真面目に議論すべきだろう。 もちろん、軍備が足りなかったせいでは無い。 ハードではなく、ソフト・・・、特に中枢に問題があったのではないかということに・・・。


 蛇足ではあるが、海軍将校だった元首相や戦犯に問われた祖父を持つ元首相らが「8月15日に靖国神社の英霊に参拝しないのは・・・(どうのこうの)」と言う前に、戦後、昭和天皇が何故靖国を参拝しなかったのか、真面目に考えてみるべきだろう。 国に殉じた英霊に敬意を示すとか示さない以前の、彼らの頭の中は本質的に物事を考えたことがないのだろう。 つまりは、他人の言いなりなだけだったのではないか?


 もう一度いうが、8月15日は、日本の「敗戦の日」なのである。


続きを読む
posted by 少彦梛 at 21:00| Comment(8) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。