2008年07月08日

北海道洞爺湖サミットの開催

昨日から3日間、北海道の洞爺湖で「主要国首脳会議(G8)」が開催されている。
日本の首相、ドイツの首相、アメリカの大統領、フランスの大統領、イギリスの首相、カナダの首相、イタリアの首相、ロシアの大統領、そして、EU(欧州委員会委員長)が顔を突き合わせて、言葉は同時通訳で(笑)諸問題を論議、討議する・・・らしい。 錚錚(ソウソウ)たるメンバーだ。
同時通訳が必要な会議なら、直接会わずに、TV会議にでもした方がよほど無駄なCO2も発生しないだろうに(冗)。

日本の首相、福田康夫が今回の議長で「地球温暖化対策」を討議の柱にしたい模様だが、各国の首脳が力を入れたい論議は「温暖化」ではなく、「原油高騰」や「食料問題」などと、また、これらの問題の元凶のひとつともいえる「投機資金の規制」を求める国とそれを拒否(?)する国もあり、各国の思惑はバラバラのようだ。

この、どれもこれも大切な議題で「百花繚乱」のようになってる中、議長の福田首相は今回の会議を総攬(ソウラン)できるとはとても思えない。 論議が四散発散して、総攬どころか「騒乱」で終わってしまう気がしなくもない。
毎回、最後に議長声明を読み上げることになってるが、どんな内容になることやら・・・。
先月発表した「骨太の方針08」のように、見かけは太いが内容は「骨粗しょう症」ってことで終わりそうな気がしてならない。 どうせガッカリするなら、今から期待しないでおこう(苦笑)。


ところで、サミット開催はともかく、重要な課題そっちのけで周りのお祭り騒ぎをニュースする、この日本の報道機関の連中はなんなのだろう?

某公共放送まで、19時のニュースで、首脳達の晩餐会のメニューや使う器、輪島塗だとか、を報道するような有様・・・。 それって、受信料を徴収している国民に対して、如何ほどの重要な意味があるのだ? そんなことを公共の資産である電波を使って放送するくらいなら、もっと、各国の主張とか、地球温暖化以外の重要なテーマとか、もっと掘り下げて取材して国民に知らせるべきだろう。

例えば、産経新聞の電子版、「英各紙厳しく報道」によると、イギリスの新聞紙は次のような論調だ。
『世界が食糧問題で苦しむ中、洞爺湖サミットに出席した首脳たちはぜいたくな料理を楽しみ、その一方で食糧危機を論じるのは「偽善的」。』
まさしく、そのとおり。 他のイギリスの各誌も、同じように首脳達の晩餐会に手厳しい。

それから、これも、産経新聞の電子版からだが、『洞爺湖サミットの七夕行事が行われ、「YOSAKOIソーラン」が主要8カ国首脳らに披露』されたとのことだ。 (ここでもソウランか・笑)
そんなものより、せっかく先日アイヌ民族の方々を「先住民族として認めるよう政府に促す」国会決議をしているのだから、北海道の「アイヌの文化を紹介する」とか(まぁ地味かもしれんけど)することによって、日本も民族問題を大切に考えてることを世界にアピールするなど・・・、もう少し意味のある考え様がないのだろうか?
『「YOSAKOIソーラン祭り」の創設者で次期衆院選の北海道1区公認候補者である某氏の名前を「華々しいサミットの舞台を借りて」アピールしたい』という自民党の思惑がある・・・などと言われれば、つい「その通りだ」と納得してしまう。

蛇足であるが・・・、
開催そのものを反対している方々。
その思いはわからぬでもないが、行動は洞爺湖ではなく、ニューヨークの国際連合の本部の前で「G8サミット反対」のデモをすべきなのではないか? 「国連があるのにG8だけで勝手に決めさせるな」と。 「国連でなぜ議論しないんだ」と。 何故、国連を動かすための活動をしない? だいたい、G8というカエルの面に、彼らがいくら水を掛けても痛痒にも感じまい。 
posted by 少彦梛 at 16:36| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。