2008年07月09日

ワールドカップ?

今日で洞爺湖サミットは終了した。
先日「どうせガッカリするなら、今から期待しないでおこう」と書いたけど・・・今回議長国である日本の国民である私としては、議長・福田康夫が『なんとかオゥンゴールを防いだ』といったところだと思う。
つまり、自滅しそうなところを何とか防いだ・・・ということ。 ここまで酷いとは、私の予想の最低ラインをも下回った。

主要国(G8)の首脳は、絶対に「失敗だった」とは言えないから成果を強調するが、その主張は明らかに全員が自国向けだ。 つまり、主張している成功の内容は各国バラバラ・・・。 福田氏などは、サミット会合前にブッシュと会談して釘をさされたのか、「議長国の特権」とも言える『議長総括』でさえ、日本国の主張を盛り込むことをほぼ完全に押さえ込まれている・・・。
某公共放送のニュースでは、声明発表中かどうか分からないが「薄っすら涙を浮かべているのではないのか」と思えるほどだ。

記者会見では、人から聞いた話だが、
フィナンシャルタイムズの記者が、「京都議定書は1990年が基準年。温暖化ガスの排出量を半減させるというが、いつを基準年として考えているのか(要旨)」と質問した。
これに対して福田氏は困惑したような感じで、「いろいろな基準年の考え方があり、いろいろな数字が飛び交っている。最近の現状から考える、ということで特に考え方に混乱があるということではない(要旨)」と、質問の内容に対し意味不明の回答をしたようだ。

基準年、この点を曖昧にしたままで「全世界の50%減」だとか「先進諸国は80%にしろ」だとか議論しても無意味だ。 どの時点をガス発生の減少を量る基準年とするか、これが決まっていなければ今回の合意そのものが雲散霧散する可能性は高い。 ベース(土台)が固まってないのに、どんな家を建てようか論じても意味はない。 沼地に家を建てるようなものだ。 ある意味、泥舟に乗ってるのと変わらないかもしれない。

福田氏の発言の「最近の現状から」という言葉が基準年を示しているなら、今年の2008年、もしくは更に先伸ばしされて排出量削減で合意される年、例えば2010年、では各国にとって大きく有利不利が出るからだ。 京都議定書を離脱した米国、議定書のー6%どころか更に6%増えた日本、そしてロシアは有利になるのに対し、EUの主要国は血の出るような努力して排出量削減してきた努力が無に帰すからだ。 今は主要8カ国と新興国8カ国で排出削減率で対峙してるが、やがて、主要8カ国の中で「基準年」について対峙することになるだろう。

これでは、いくら福田氏が自画自賛しても、私には空々しく響くだけである。


結局、今回のサミットで、政治生命の延命、そして支持率の回復を狙っていた福田氏には、痛恨のドローである。 サッカーでもドローは勝ち点1が与えられるが、今回の福田氏の実情をサッカーに例えるとしたら、ワールドカップ予選落ち・・・だろう。
そう言う意味でいけば、予選を通過したのはG8の中ではロシアだけだったのかもしれない。


それに・・・いくら先進国、とか、主要国だとか言っても、原油を始めとする資源と国民が生きていくための食料を自前で、もしくはお互いを協力国として補完しながら確保できないのでは、これからの世界では「国家」として生き残っていけないように思う・・・。
新興国、途上国・・・、彼ら自国が生き残るためには、「金銭」だけで先進国の言うことを聞かず、「資源」と「食料」を武器にして自国の利益が有利になるように先進諸国を揺さぶることができる、と彼らに確信させた。 そのことだけが、今回の国際会議で唯一得られた成果ではないか・・・。 そう思える。

(注:7月10日14時半頃、加筆修正しました)
posted by 少彦梛 at 21:54| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。