2008年09月13日

仏作って・・・魂入るか

読売新聞の電子版、『殺処分を半減へ』によると、環境省が「飼い主が飼えなくなって行政が引取った犬猫の殺処分を9年間かけて半減するため、来年度から '17年までに90ヶ所の施設整備に予算をつける」そうだ。 今までも自治体へワクチン接種代などの補助をしてきたそうだが「抜本対策にはハード面の整備が欠かせないと判断」したそうだ。

施策としては支持するが、心配なのが「環境省がどこまで本気なのか」だ。 これまでも行政の「ハコモノを造ってヨシとする例」は沢山ある。 今回の収容施設整備、所謂ハコモノ建設もその一例に加わるだけにならないように願いたいものだ。 実際、殺処分を半減するためには新しい飼い主が見つかるまで、棄てられた犬猫を税金で養っていかねばならない。 問題はこの負担をどこに求めるかだ。 先月、当ブログでも「ペットたちの安寧の時代は来るか」の記事で取り上げたが、ニンゲンの身勝手な都合で遺棄され犠牲になるペットは後を絶たない。 その上、犬猫を商売道具としか見ていない輩も多い・・・。 そんな無責任な輩の尻拭いのために税金を投入するのに異論がある人も多かろう。 そういう意味では、犬猫などを商売に利用する事業者から特別税や保証金を徴収するなり、また、動物愛護法を強化し違反者の取り締まり強化(現在は、例えば動物遺棄も現行犯でなければ摘発は困難)・罰則の厳格適用など遺棄させない取り組み・・・愛護動物保護を持続可能とする仕組みも含めて取組むべきではないか。 個人的にはそう思う。

施設といったハードの整備も確かに必要だが、本来の目的を達成するには、それらを維持したり継続して正しく運用していくといったソフトの面が何よりも重要なのだ。
posted by 少彦梛 at 10:32| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。