2008年09月22日

物言い(クレーム)

今日、横綱・朝青龍が4敗目を喫した。 特に相撲には興味はない(苦笑)。 今場所、新しく相撲協会理事長になった武蔵川親方が、ルールを厳格に適用し、両者共に両手を土俵に付いて立会いうよう厳命した。 ルールに反した(両者両手を付いてないのに立つ)場合は、一旦止めて取り直す。 これに「物言い」を付けたのが横綱・朝青龍だ。 もちろん、彼と同じ思いの力士もいるかもしれない。

朝青龍は、今回のルール適用の厳格化について、「直接力士に説明して欲しい」と言ったと聞く。 武蔵川理事長は「ルールを改めて説明する必要はない」と語ったらしい。 また、朝青龍は横綱・白鳳が敗れたことについて、「敗因は立会い。 立会いの厳格化でいろいろな影響が出てる。 息が合ってれば両手が付いてなくても相撲を取らせた方がいい。」といった主旨の発言をしたと聞く。 「今場所が終わってからは力士会でも話し合う」とも言い、まるで理事長が命じたルールの厳格適用に対する批判である。 むろん、これまでルールをきちんと適用してこなかった前理事長以下、行司・審判部にも問題はあるのだが。

翌日、朝青龍は、自らの発言に対し親方衆か誰かより何かを言われたのか、安美錦戦ではこれ見よがしに両手を付いて立ったが、安美錦に左にかわられあっけなく送り出しで敗退。 今日の土俵も、安馬の送り出しに遭い4敗目だという。 もともと朝青龍は片手どころか両手も共に付かずに立ち会うことがある力士と言われてるようだ。 両手を付くことで、自分の持ち味である立会いのスピードを殺すことになり、自分が不利になることに納得がいかないのだろうか。 力士全体や相撲の勝負全体のためを考えての「理事長への物言い」では無く、あくまで個人の都合による理事長へのクレーム発言としか、私には受け取れない。


力士の頂点に立つ横綱による身勝手な「物言い」と違い、ずっと格下、幕下力士がルールに則って「物言い」を付けたそうだ。 読売新聞の電子版、『序二段で控え力士が物言い』によると、序二段の取り組みで控え(次の取組み)の力士が土俵上の勝負の行司軍配に「物言い」を付けたという。 普通は行司軍配(勝敗)に差し違えなどの異論があれば審判が手を挙げ、ビデオなども参考にするなどして審判団で協議し、勝敗、または、取り直しなど決めるのはよくあることだ。 ところが、ルールとしては力士も物言いを付けることができるという。 序二段の星ヶ嶺は「同体(引き分け)だと思ったので手を挙げた(物言い)」と言う。

序二段は番付でいうと序の口の1つ上で、いわば下から2番目のランクになると聞く。 普通の会社なら、入社してまだ2〜3年目の若手社員といったところか・・・。 今回の序二段の物言いは、並み居る部課長級以上(行司・審判)の会議で「それは違う」と意見するようなものではないか。 今回の物言いは、実際には審判団の協議で行司軍配どおりの勝敗となったのだが、力士も物言いを付ける権利があるというルールは、言い換えれば、自分の勝敗には関係の無い相撲もきちんと取組を見定める責務を課しているということではないのか。 そういった視点で見ると、自分の判断を信じて行動したこの若者が、どれほど相撲に対して真摯に取組んでいるかということが見て取れるのではないか。 このことに、私は心から拍手を送りたいと思う。 少なくとも自分に都合の良い事ばかり主張する幕内力士よりは余程良い、とは思いませんか?

これからも関取を目指して頑張れよ、星ヶ嶺。
posted by 少彦梛 at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。