2008年10月25日

腰抜武士の後思案

腰抜武士の後思案(こしぬけぶしのあとしあん)。 臆病な武士(腰抜武士)はイザというときに役に立たず、事後に無益な思案をめぐらすことを表わす、ことわざ。

先日、当ブログの「労働者としては扱われないのか?」で昨今の医療崩壊について思うところを書いた。 その中で「大都市以外の地方都市」では人材不足・医師不足で、過酷な労働条件を強いられてる、とも書いた。 ところが、時事通信社の電子版「24歳看護師の過労死認定」によると、昨年、東京都済生会中央病院において、看護師が宿直明けに意識不明になり過労死したと報じられた。 記事によると、その看護師さんは当時24歳で、担当する手術室はもともと26人態勢だったのが同僚の退職等で18人になり、新人の補充後も人員不足の状態は続いたらしい。 その看護師さんは4月から5月にかけ「25時間拘束」の宿直勤務を8回こなしたほか、土日に働くこともあり、残業は月約100時間だったそうだ。 一般のホワイトカラーの会社員でも月100時間の残業はかなりキツイが、医療現場、しかも人の生死に直結する手術の現場で、かつ、仕事に不慣れな新人の教育もこなしていたのだろうから相当の肉体的精神的ストレスが掛かっていたのだろう。 医療従事者でない私でも、過酷な状況の想像はつく。

しかし、大都市東京の、それも著名な「北里柴三郎先生」が初代院長を勤めたことでも名の通った、東京都済生会中央病院ですら『人員・人材不足』が起こっている。 驚愕的な報道だ。 医師、看護師の人員・人材不足はすでに大都市東京の医療現場すら蝕んでいる・・・。 都内に住む人はその事実を知っているんだろうか?

そして、もうひとつの事件。 脳内出血を起こした妊婦さんが、かかりつけだった産科院が必死に探したにも係わらず、対応できる転送先の病院が1時間近く見つからず、結果として妊婦さんが亡くなるという痛ましい事件が発覚した。 結局、「総合周産期母子医療センター」で「東京ER(総合救急診療科)」にも指定されている『東京都立墨東病院』に受入れられ、帝王切開による出産と、そして妊婦さんの脳内出血の手術が行われた。 しかしながら、残念なことにその3日後、お母さんの方は亡くなったという。 ご遺族の方はもちろんのこと、かかりつけの産科医さんも「もっと早く頭部の処置ができればお母さんの命も救えたのではないか」という想いはお強いだろう。 担当の産科医さんは自責の念にかられているかもしれない。 受入れた都立墨東病院は、昨年末に産科常勤医1名、今年6月に研修医1名が退職したため、7月から土日と祝日のセンター当直医を本来の2人から1人に減らし、週末の受入れ態勢が整っていなかったそうだ。 「リスクの高い妊娠に対する医療、及び、高度な新生児医療等の周産期医療を行うことができる医療施設」であるはずの、しかも人材を集めやすいと思える「東京」の、総合周産期母子医療センターですらこのような状況・・・。 日本の産科医不足は相当深刻なことは間違いない。

詳しいデータがある訳ではないが、医師については、産科医、小児科医、麻酔医、外科医の順で不足しているらしい。 どの診療科も、特に命に係わる緊急時には無くてはならない医師達ではないだろうか? とはいえ、一人の医師を育てるには相当な時間がかかる。 ブルーカラー・ワーカーとは異なり、人が足りないからと募集広告を打てばすぐ集まるといった類のものではない。 日本全体の「医師」というリソース、特に先にあげた4つの科の専門医数には限りがある。 殊更、救急医療においては、このリソースを効率的に、そして効果的に活用する施策を早急に打つ必要があると言えそうだ。 もちろん、医師も人間であるから無理はさせられない。 恐らく、そのためには、リソース管理といった仕組み(システム)作りやカルテの電子化とネットワーク(データ流通)構築等が必要であり、相当のコスト負担が求められる。 千、二千億円では利かない。 場合によっては都内だけでも1兆円超えということも・・・。 ただ、これは、小泉純一郎氏が、厚生大臣時に「医師削減」を閣議提出・決定し、その後、彼が総理大臣の時に医療に関する制度を大幅に変えたことに連なる失政のツケなのだ。 投票という間接的な行動であっても、そういう政権を選択してきた国民がそのツケを払うしかない。 失政のツケは結局税金という形で国民が負担せざろう得ない。 国会議員も官僚も払ってはくれない。 むろん、ツケをお金をかけずに済ますこともできる。 救急医療を切り捨てるという選択肢だ。 その時は、自分の命でその代償を払う場合があることを覚悟せねばならない。 放っておけば、救急医療の状況は今より確実に悪くなる・・・。


閑話休題

一般医療にしろ、救急医療にしろ、医療の現場への対策は焦眉の急の事態にあるのに、今回の妊婦さんが脳内出血でお亡くなりになった事件については「いい加減にしろよ」と思うことが2つある。

まずはマスコミの報道だ。 今回も、奈良県で破水した妊婦さんが17件(だったかな)の病院が受入れなくて亡くなった事件があった時と同じく、センセーショナルに書きたて、事の本質を深く掘り下げた取材をした報道をせず、「また悲劇」などと書きたて悪者探しに終始し、騒ぎ立ててるだけだ。 以前、福島県立大野病院の産科で帝王切開手術を受けた産婦が死亡したことについて、執刀医が逮捕されたことをセンセーショナルに書きたて、それが産科医を目指す医学生の減少といった結果に繋がった、と言われている。 報道が産科医減少といった事態に向かう片棒を担いだという反省はないのだろうか。 今回の報道で、また医師の産科医離れが加速するのではないかと懸念している。 書くなとは言わない。 ただ、重箱の隅をつつくようなことを報道の自由と言うのはいい加減に止めにして、現実を丹念に調べあげる義務と責任を果たした上で、報道の自由を闊歩していただきたい。 特に、大手新聞社やTV局には心すべきだろう。

例えば、ある番組で「産科医1人でも、ERなんだから患者は受入れるべき」という意味合いの発言もあったようだ。 しかし、今回の脳内出血の妊婦さんの処置の場合、ICUとNICUを確保した上で、必要な医師が
 脳外科医:2人
 産婦人科医:2人
 新生児科医:1〜2人
 麻酔科医:1人以上
であったろうと言う方もいらっしゃいます。 この人員が正しいかはともかく、きちんと取材していれば番組内で「産科医1人でも・・・」といったいい加減な発言はあり得ない。 こういう輩は、恐らく、産科医が1人なのに患者を受入れ、患者がもし亡くなれば「なんで受入れたのか」と責める側に廻るのだろう。 残念ながら、今のところ、きちんと取材したと思われる真っ当な報道には接してない。 単に耳目を集めるからといった理由で情報をタレ流すだけでなく、きちんと検証もしてもらわねば、戦争に突っ走る片棒を担いだ報道のニノマエだろう。 
 

もうひとつは、舛添厚生労働大臣と石原東京都知事のクダラヌ論戦だ。

舛添厚労働大臣が記者会見で「周産期医療問題の解決に力を入れてきたのに、このようなことが起きたのは羊頭狗肉だ」とか「医療体制が整備されているはずの東京都でこのような事態が起きたのに、妊婦の死亡から2週間以上も厚労省に報告があがってこないのはどういうことか。とても都には任せられない」と批判したと思えば、(そもそも報告義務なんてあるの?)
石原知事は「東京に任せてられないんじゃない。国に任せていられないんだよ。厚労省の医療行政が間違ってきて、お医者さんがこういう体たらくになった。(中略)こういう事態つくったの国じゃないですか。国に任せていられないんだよ。誰がやったんですか?国に任してたからこういうことになっちゃったんだよ。反省してもらいたいのは厚労省で、今担当のその大臣様だね。物言うならもう少し冷静に頭冷やして物言った方がいいと私は思いますけども」。

まあ、どちらも呆れてモノが言えません。 まるでガキの喧嘩のようだ。 今回の都立墨東病院の件については、厚労省も都も、両者ともイザという場合の備えに全く役にたたず、事後に無益な言い争いをしている・・・。 まさしく、タイトルにした「腰抜武士の後思案」そのものだろう。 石原知事にいたっては、今回妊婦が脳内出血を起こしたことを「レアケース」とまで言い切ってる。 ホントにレアケースなのか? 確か、昨年8月にも妊婦が出産時に脳内出血で亡くなったというニュースがあったはずだ。 その時も20近い病院に受入れを断られていたと記憶している。 症例は少ないかもしれないが、特殊な例(レアケース)と、少なくとも専門外の石原知事が言うことではなかろう。 少し話が逸れたが、お二方とも今回の件の責任者であることを自覚されてるのでしょうか。 また、国民、あるいは都民の命を預かる立場にあるのだから、お互い責任の擦り合いのようなことを言ってる場合じゃないことぐらい分からないんですかね。


最後になりましたが、今回取り上げさせていただきました、お亡くなりになった看護師さん、妊婦さんには、ご冥福をお祈り申し上げます。
そういえば、「労働者としては扱われないのか?」の中で、経済の話題で「この話題は日経平均が7500円割れ(汗)するか、政府から新たな金融政策等が出た時にしたいと思います。」と記しましたが、昨日の日経平均の終値は7650円を切りましたね。 その後のNYダウも下がってるようですし、果たして株価はどこまで下がるのでしょう? 
posted by 少彦梛 at 04:42| Comment(4) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ご訪問ありがとうございました。とてもわかりやすいご説明を頂きまして本当にありがとうございます。
身を粉にして医療に携わっている方々には頭がさがります。

これまで医師の労働条件の改善には声を上げてくることがなかったのか、声を上げることができなかった何かがあるのか・・

産科医療に注目が集まっている今、何かの改善につながる方法はないのでしょうか・・

しかし、産科医の人数は同じなのに複数で当直をせよというのは本末転倒のような気がいたします。医師ご自身、ご家族はどんな思いで毎日をすごされるでしょう。

どのようにしたら産科医がふえるのでしょうね・・・
またいろいろお教えいただければ幸いです
Posted by 開業医の妻の本音(かいつま) at 2008年11月04日 19:35
かいつま様
わざわざ私めのブログにご訪問いただき、ありがとうございました。
m(_ _)m
また、コメントの返事が遅くなり申し訳ございません。
m(_ _)m

> 説明を頂きまして
いえ、反って失礼を…。(汗)
ただ…勤務医の過酷勤務の労基法で指導勧告しないのは、厚生省と労働省が橋本政権で統合されたことが本当のところかも? 別の省なら労基法で大手病院を指導したのでしょうが、今は一緒ですからねぇ。労基法で追求すると、自省の非(診療報酬削減による医療崩壊)を認めちゃうことになりますから(←皮肉です・苦笑)。

> 声を上げることができなかった何か
それは「白い巨塔」の所為なのかも。
田宮二郎主演(TV)のしか観てませんが…。←歳が知れる(笑)

> どのようにしたら産科医がふえるのでしょうね・・・
拙著の「労働者としては扱われないのか?」でも触れましたが、まずは元産科医さんに戻ってきて貰う政策を打たないと難しいでしょう。特に、医師を辞めた女医さんとか。
そのためにも労働環境の向上・充実が必要と思うんですけどね…。
Posted by 少彦梛 at 2008年11月05日 21:35
うろうろ先生のブログでお世話になっているノリ★ママです。ちらとこちらのブログも拝見していたのですが、やっとカキコできました。

>産科医、小児科医、麻酔医、外科医
ちゃんと聞いてみないと判らないのですが、外科医ってことは無いと思いますよ。交通事故などの処置は整形外科だそうです。ブラックジャックは外科ですが、今なら彼は整形外科医でしょう。

さて、某国の飛行機の性能ですが、どちらの国ですか?リーダーの開発者のいる国ですか?それともさっさと使った国ですか?(ちょっと気になっていたのですが…当該記事から離れすぎてしまったので、ここで伺います(^^;))
Posted by ノリ★ママ at 2008年11月08日 13:18
ノリ★ママ様
ご訪問、ならびにmコメントを頂きましてありがとうございます。
m(_ _)m
> 外科医ってことは無いと思いますよ。
その後もちゃんと調べてなくて恐縮なのですが、書いた当時は整形のことではありません。 たぶん、脳外科のことかなと・・・。
スイマセン。 m(_ _)m 機会があったら調べてみます(汗)。

> 某国の飛行機の性能ですが
Wagon様のコメントに「どこの国」とはっきりありませんでしたから、(日本?ドイツ?)私も誤解があったかもしれません。

ただ、若い頃読み漁った本などをまとめますと(日米で)
日本:ゼロ戦
開発時の一一型はS15年、当時として世界最高水準の性能を持つ性能を持つ戦闘機として世に出た。開発発注時、軍官僚は空中戦能力のみを追及し、極めて軽い機体に高出力エンジンを搭載することを求めました。 機体設計者はギリギリまで機体の軽量化を実現。(後に削りすぎて機体剛性不足が判明。そこで後に書く三一型では重量を犠牲にしても剛性アップを技術者側が求めたが、軍官僚は却下)
次世代の二一型は、空母搭載のため、主翼両端を各50cm程折りたたみ式に。
と、まあここまでは、軍官僚が技術者の主張とある程度折り合いを付けたわけです。 真珠湾攻撃も主力はこの二一型でした。

その後、戦線が拡大されるに従い、折りたたみ主翼は搬送・メンテが大変等で切り落とし、両端が四角い三一型が作られ、エンジンもパワーアップ(940ps→1,130ps)した栄21型に換装。 燃費ダウン&燃料タンク容量減で航続距離が35%減(増槽有)。 当時、インドネシアやフィリピンといった諸島部での戦いで、航続距離減は致命的だし、翼面積が減り旋回性能が劣る、翼端が円形から角型になり機動性低下、翼剛性不足の問題など、航空技術者が反対したにもかかわらず、軍官僚の強権で採用。 敵地に飛んで爆撃後、燃料不足で、米機と空中戦は不利になり撃墜されるか、また燃料切れで帰還中墜落・・・。(←つまり片道キップ) 戦闘地域の環境を無視し、搬送、若しくは空母への搭載の利便さと、馬力UPさえすれば空中戦に有利になるといたことしか眼中になく、バランス感覚に欠けた軍官僚の失敗である。
★うろうろ先生のブログへのコメはこの三一型のことです。
Wagon様のコメントの「作戦での敵味方損害比率の想定は開戦時のまま」というのは、二一型とこの三一型とのことだと思ってました。

現場で不評の三一型に代わり、主翼を元に戻した二二型。 燃費の悪い栄21型のため、主翼のタンク容量を増量したが、そのため、被弾時に火が出やすくなる。←当然だろ(苦笑)

実を言うと、その後のS18年中頃から作られた五二型はキャノピーは防弾仕様だし、座席後部には防弾鋼鈑仕様なんです。翼中燃料タンクには二酸化炭素噴霧式の自動消火装置も付いてるんです。 主翼は、不評だった三一型のサイズで小さくなりましたが、翼端は円形のままで機動性(操縦のし易さ)は確保してます。 充分と言えるかどうかは言えませんが、一応パイロットの安全は考慮されていたんですよ。 しかしながら・・・
所謂「特攻」はこの五二型が使われたんですよ・・・残念ながら。。


米国
対戦中はカーチスのP−36/P−40が使われたとお思います。本土空襲時まではムスタング(P−51)に主力が移ったと思います。 P−40はゼロ戦に全くといっても良いほど歯が立たず、バンバン撃墜されていた。 そのことから、米国はパイロットの命を守るための防弾鋼鈑の設置や消火システムの導入を考えていたと思われるが、防弾装備も当初は毛が生えた程度だったようです(重量の問題)。 実際に、高い確率でパイロットの生命を守れるようになるのはS17年にスーパーチャージャーを搭載した高出力エンジンに換装した後と思われる(要確認)。

記憶をたどりながらなので、間違いがあるかも…ですが、以上でどうでしょう?
Posted by 少彦梛 at 2008年11月08日 17:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。