2008年12月17日

お前が言うな!…と思うこと

某公共放送の21時代のニュースキャスター(男性)や「持論・公論」などで尤もらしく解説し政府を責める論説員・・・。 確かに、不況で非正社員の解雇などで窮地に立たされた労働者は増える一方だ。 そして、内部留保の金が潤沢なのに首切りする大手企業の非情さや、一向に効果的と思われる手立てを打てない政府にも確かに問題はあろう。 とは言え、

「自分だけ『安全』なところ」から、したり顔で哀れんだ発言をするのは止めんかね。

民放などは、確かに民放の正社員・幹部などが高給を食んでるのは腹立たしいが、実際製作しているのは下請け製作会社だし、CM企業やスポンサー企業がコストカットすればその分広告収入なども減り、下請け製作各社は「制作費削減」≒泣く泣く人切りして頑張っているんだから・・・。

某公共放送の「まるで他人事」のような物言いに、毎回憤りを覚えるのは私だけではないと思いますが・・・。

<追記>
12/17 15:10 文章を一部修正致しました。
posted by 少彦梛 at 00:14| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。