2009年01月07日

定額給付金に「消費刺激効果」はあるのか?

麻生総理は、先日の衆議院での代表質問に引続き、今日の参議院での代表質問でも「家計に広く給付することにより消費を増やす効果もある」と答弁し、時事通信社の電子版『方針転換に理解求める』のとおり、「定額給付金」を、『個人消費を刺激して内需拡大を図ることを主要な目的とする』方針を示したという。 しかも、以前は「多額の収入を貰っている方が『1万2千円ちょうだい』というのはさもしい」とか「そこは人間の矜持の問題」とか言っていたはずなのに、今では、麻生総理自らが給付金を受け取るかどうかについては「今後わたし自身で判断する」と言を変えている・・・。

また、与党の細田自民党幹事長や北側公明党幹事長も「国会議員も給付金活用を」といったような発言をし、定額給付金の性格について『内需拡大効果を狙った経済政策』との方針転換を言い出してるようだ。

そもそも、定額減税や「定額給付金」は、福田政権時の物価上昇(原油や穀物高騰)に対する『生活支援策』として打ち出されたものだったはずなのだが、いつの間に目的がすり変わったのだ? 方針や目的を変えるのなら、本当に『1万2千円』でいいのかも含め、「定額給付金」という政策を根本から見直すべきではないか? どうも、一人当たり1万2千円をバラマクという手段そのものが目的と化し、本来の、本当に重要な目的というものがどこかに消えてしまっているように思えてならない。 ますます「与党の政権維持」のため、また、政策として公にしたメンツを保つためだけの愚策としか思えない・・・。


もし、「消費を増やす効果」を目的とするのなら、2兆円のバラマクより効果的な方法があろう。 例えば、4兆5千億円を超える国家公務員の給与を全て「消費」に廻すことを法制化するほうがマシなのではないか? 景気が回復基調にのり、消費税増税法案が可決するまで、国家公務員とその扶養家族名義の貯蓄増を一切禁止としよう(苦笑)。 貯蓄性の高い個人年金保険等への新規加入も禁止。 キンを始めとする貴金属、宝石類も一定額以上の保有・購入も禁止。 まあ、学資保険とか、彼らの子息たちの将来に対する保険は一部認めざろう得ないだろうが・・・。

それから、国会議員による政治団体への寄付も禁止しよう。 そして、政治資金は四半期単位で収支報告をし、四半期収支の残高を1年以上持ち越すことを禁止する。(つまり、現在の資金残高以上に増やさない) どうせ今年は総選挙の年だ。 政治資金を溜め込む方がオカシイのだから。 特に、政権与党の自民・公明は、法制化しなくとも、「責任政党」を自認してるくらいだから、自主的に大量消費を実行すべきだろう。 日本国の景気回復のために。 

公務員と政治屋の消費力というのは凄まじい。 地方へ行くと、公務員がその事務所を移転した場合、元の事務所周辺の飲み屋等がバタバタ店じまいするといった例を上げるまでもなく、彼らの消費力は相当な力を持ってる。 ましてや、消された年金のようにボロボロの国民年金などと異なり、厳格に管理され、しっかり運用されている公務員の共済年金があるから、今ここで数年浪費したとしても、彼らには老後の心配はさしてあるまい(苦笑)。

よって、大金持ちの麻生総理や鳩山総務大臣を筆頭に、国家公務員は率先してバンバン、例え個人で借金をしてでも、国民の先等に立って消費にお金を使うべきだ。 そうなれば、国民も政府に続いてお金を使う気になるのではなかろうか。 国民にはお金を使えと言っても、国の指導者達が範を垂れなければ、誰も耳を貸さないであろう。

ついでに、以前「定額給付金支給の所得制限」のラインとされた、年収2048万円(だっけ?)以上の世帯も、年間にある基準以上の金額を消費しない者には追徴課税することを法案化したらどうだろう(笑)。 キヤノンの御手洗氏やトヨタ自動車の奥田氏なんかは特に自らの資産を叩いてでも消費すべきだろう。 そもそも、江戸時代などの豪商達は、自ら儲けたお金を使い橋を架けるなど社会に還元し、世のため人のためにお金を生かしたのだ。 それが廻りまわって、また自分達の儲けに繋がることを知っていたのではないだろうか。


はっきりいって、『メチャクチャな提案だとは思うけど…(12/10)』以上にメチャメチャな提案だけどサァ(苦笑)。 しかし、少なくとも、「派遣村」の失業者の方々のように本当に給付の必要な人には「住所不定」として支給されるかどうかも怪しい『定額給付金』に固執するより余程GDP押し上げ効果があると思う・・・。

でも、麻生マンガ政権の政策より私の方がよほどマトモに思えてくるとすれば、それは、より一層根本的な問題を孕んでいるということなのだが・・・。
(単なる自画自賛ですよ・苦笑)
posted by 少彦梛 at 23:48| Comment(0) | 経済・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。