2009年09月03日

そこまで言うなら・・・

先の総選挙でとうとう政権交代が実現しましたねぇ。

ところで、今日、某公共放送の21時台のニュースに社民党の党首・福島瑞穂氏が民主党との連立協議についてグチャグチャ言ってましたねぇ。 民主党のマニフェストの個々の公約との違いがあるのは理解できますが、そんなに異論があるなるなら政権に入らず「閣外協力」で是々非々でやったらどうですか? そんなに閣僚ポストが欲しいのだろうか? 

読売新聞の電子版、「社民も国家戦略局に」によると、鳩山代表は社民党に政府機関として発足させる『国家戦略局』に政府の一員として社民党議員の参加を求めたそうだが、社民党は連立政権の政策決定機関として「政府・与党連絡会議(仮称)」を設けるよう求めているそうだ。 民主党としては、社民党や国民新党とは行政府である閣内で一緒に政策決定をしていきたいようで、立法府にも「政策決定機関」を作ることによる政策協議機関の二重構造化を避けたいようだ。 55年体以降初めて自民党が下野してできた、細川連立が同じような政策決定機関の二重構造によって失敗した轍を踏みたくないというのが鳩山民主党の考えらしい。

私個人としても、鳩山民主党の基本的な考え方に賛成の思いだ。 社民党も国民新党も連立し閣内協力するなら、国会内での政策協議機関でなく内閣において議論すべきだろう。 もし、立法府である国会において政策協議機関を作るのなら閣外協力に留めるべきだ。

そもそも、今回の総選挙において前回の議席数から1議席も増やせなかった社民党が偉そうに連立を語ることすらおこがましく思うのは私だけだろうか?

ちなみに、私自身は先の総選挙の小選挙区では「社民党候補」に投票しました。 もっとも、小選挙区の立候補者が自民公認と社民公認、それから、党名を隠した(?)幸福実現党候補しかいなかったのだから、選びようがない!(苦笑)。 蛇足ながら、比例に投票した党は比例区から当選者は出ませんでしたし、最高裁の国民審査も不信任を投じた判事も誰一人罷免されませんでした。 全部死に票でした(爆)。


閑話休題

福島社民党党首がそこまで言うなら、さっさと閣外協力に留めることを決意したら良いだろう。 立法府の議員として、国会内で正々堂々自分達の主張を述べたら良い。


似たようなことは、自民党内にも言えると思う。

自民党の麻生総裁が今回の総選挙の大敗の責任をとるとして総裁を辞任したが、次の総裁選に向けてくだらない駆け引きが行われているようだ。 一例として、朝日新聞の電子版の「自民総裁選の不出馬表明」によると、昨年の総裁選に出馬した小池百合子氏は『比例区で復活当選した自身は立候補しない意向』を示したらしい。

選挙期間中は「風車のおユリ」などと称してクダラナイ選挙演説をした挙句、幸福実現党からの立候補を断念した人物からまで応援演説を受けた挙句小選挙区では落選。 その上、「派閥の時代でない」(時事通信社)と言い訳をして町村派を脱退。 「党再生に努力したい」と言いつつ、政界渡り鳥の異名を持つ氏は、すでに半分沈んだ船から逃げ出す機会を窺ってるのではないか、と思うのは私だけだろうか。

本気で党を再生したいのなら、前回の総裁選に立候補した初志を貫徹して今回も総裁選に立候補すればいいだろう。 比例復活者がその任に無いと思うなら、潔く比例区当選を辞退して後進に道をゆずった方がよほど良い。 もともと「クールビズ」という言葉を流行らせた以外、政治家としてさしたる功は無いのだから・・・。





posted by 少彦梛 at 23:05| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。