2007年08月15日

1945年8月15日

今日、8月15日は「終戦の日」と言われている。
1945年の今日、前日14日に公布された勅書「大東亜戦争終結ノ詔書」を昭和天皇が朗読録音したレコードがラジオ放送された日である。
天皇が自ら、初めて敗戦と降伏を発表した日である。

しかし、何故「終戦」と言い、何故「敗戦」とか「降伏」と言わないのかが解らない。 言葉から受ける印象でしかないが、「終戦」とは宣戦布告を受けた方が防衛の末やっと戦争が終わった、という感じを受ける。 もちろん、私の主観ではあるのだが。
なんだか、まるで日本が戦争の被害者のようだ・・・。

先の戦争は、日本が仕掛けたものである。 開戦当時は日本経済を守るのため、自衛のための「戦争」と国民は思っていたのかもしれない。 そして、この戦争は勝つだろうとも思い歓迎した節もある。 昭和12年の日中戦争が始まりである。 死者数については疑問もあるのだが南京で虐殺を行い、玉砕戦を行い、日本人のみならず他国の国民も大量に無くなったことは事実である。 また、殖民生活から開放されたと歓迎した他国の人がいることも。

ところが、戦後も日本は先の戦争についての総括を行わず、どのような戦争であったかについて真剣に論じられてこなかったと思う。 日本の国民ですら「悲惨な戦争であった」という段階で思考がストップしているのだろう。 確かに戦争は悲惨な結果しか生まず、今後絶対に行ってはならない。
しかし、先の戦争の本当の意味と結果を振り返ることなく、このまま自衛のための行動力を所有し、憲法改憲を論ずるのはいかがなものだろうか。 そしてまた、国際貢献という名の基に海外へ自衛隊を派遣することも。

今後、日本が戦争を行ったり、また、他国の戦争に加担したりすることが無いようにするには、先の戦争からの教訓を学び今後の国政にどう生かすか真剣に考えなければいけないと考える。
でなければ、歴史は繰り返し、またいつか日本は戦争をやってしまうだろう。



posted by 少彦梛 at 12:59| Comment(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。